提供分野



疲労回復、リラクゼーション

 故・浪越徳次郎氏は指圧の普及に尽力しました。

昭和40年代ごろには多くのメディアで取り上げられ、
一般の方から時の政治家、著名人もその効果を認めていました。
マリリンモンローを治療した話は有名です。


 当院の施術はその浪越指圧が基本です。
(国が認可した指圧は波越だけです)


 全身の指圧施術はとても気持ちが良いものです。
言ってしまえばただ押すだけですが、そこが職人の違いです。

 施術後は夜よく眠れると、多くの方から感想をいただきます。
指圧による血行促進やリラックス効果により、
疲労回復や深い眠りに役立ちます。

ストレスの多い現代にうってつけです。



 政治家や芸能人を魅了した指圧をあなたに。





手技治療、運動療法、精神・心理療法

【手技治療】

 手技は生き物のしくみを上手く利用して治します。

 身体の基本的なしくみを理解し、
手技の影響を考える必要があります。
解剖学や生理学は必須です。


【運動療法】

全身には沢山の筋肉があります。

時と場所、強さが適切に働くよう筋力を整えます。

人により筋力バランスが違うので、個別に誂えます。
身体の変化に合わせて変えることもあります。


興味のある方へは、筋肉や状態をお話します。
(大腿直筋が短縮、左の大殿筋が少し強い、など)


【精神・心理療法】

人は相反する願いが同時にあることがあります。
これはふつうの事で、自分で気づかないことも多いです。

症状は何かのメッセージのこともあります。
わかりやすいのは、
「病気になってでも休まないと…限界だ!」とかです。
しかし理性的な頭は「仕事をすべきだ!」などと命令します。

こんな状況を良い方向へ向けるには、
少し別の角度から取り組む必要があります。



スポーツ支援、トレーニング支援


「トレーニング効果を高める」をテーマに、
多視点で具体的に考えます。

①筋力アップには運動後の回復が 必要です。
回復には材料が 必要です。
材料は胃腸で消化吸収して、血液で 全身に運びます。
消化吸収や循環機能を高めること は回復の支援になります。


消化吸収は副交感神経が活発になるとよく働きます。
副交感神経を優位にさせる施術が使えます。

材料を筋肉へ届ける必要があります。
指圧施術は筋肉への血流を増やします。

②疲労回復を早めると、運動サイクルを増やせます。

同期間でのトレーニング量を増やすことが出来ます。

疲労の回復には血流が必要です。
指圧は血行を良くします。


③筋肉は神経の 指示で動きます。
ふつう、人間の神経系はかなり雑です。
競技の頂点に近づくほど動きの質向上が役立つでしょう。
(ただ学習は時間が掛かります。自覚も始めは鈍いです)



④治療やケガ予防も欠かせません。
症状があっては良質なトレーニングは難しい。
不調に強い身体作りも役立ちます。

できることは沢山あります。

  原理を深め本質を提供します。
問題はあなたがどこまで求めるのか、です。

リハビリテーション、ADL向上

 リハビリの意味は本来「社会再参画」のことです。

当院は、それに役立つもの全てがリハビリと捉えています。


 怪我の復帰に向けた取り組みも、
高齢者の動作練習、動作支援もリハビリです。


 動きのリハビリも「社会再参画」の視点から行います。


 具体的には、
生活中の動き(寝返り、起き上がり、座る、歩くなど)のほか、
車椅子の移乗(乗り降り)動作も練習します。
負担の少ない動きを重視します。

 少ない力の動きはケガの回復を早めます。
高齢者ではできる動きが増えます。

多くの場面で役立ちます。


介護動作練習、環境整備

【介護動作練習】

 実際に誰かを介助するとき、まず最初の難問が、
「どうやって介助をするのか」ということです。

 少ない力で楽に、かつ身体を壊さないことが要点です。
介助者も非介助者も楽しい方法を学びましょう。



 世の中には介助方法が沢山ありますが、
多くそれは動きの支援にはなりません。
一人では無理な動きや、かなり力が必要な動きをさせるからです。

 一人でできない動きを学習すると、
一人で動けなくなり、動かなくなります。
機能が改善しても周りは介護を続ける羽目になります。



ある施設の話です。
食堂に座るお婆さんがずっと叫んでました。
「はやくー、ウンコ漏れちゃうよー」
トイレは5メートル前でしたが、スタッフを呼び続けていました。
彼女はなにかを学習しました。周りが学習させたのです。


 自立を促す介助の方法を学びましょう。



【環境整備】

 人間は環境と相互関係です。
いつもと違う環境では、できた事ができなくなる経験ありませんか。

 家の中での環境とは、
家具の位置、座面の高さ、履物や杖などの道具、洋服、寝具、
手すりや柵、クッションやマットレスなど、全て環境です。
これらがすこし変わるだけで、動きやすくも動けなくもなります。

 動きやすい環境を整えることは大切です。
環境が原因で動けないのに「自分に能力がない」と思い込んで
寝たきりになったり、ショックで弱る方も多いです。


 介助者、周りの人も環境です。
支援とは何か。
概念から考えます。

講座、練習会、研究会

【介助動作練習会】

個別に対応しますので、問い合わせ下さい。
基礎から本質をみっちりやりたい希望者には、
信頼できるキネステティクス教師をお伝えします。


【オイルマッサージレッスン】

個別に対応しますので、問い合わせ下さい。


【動き感覚の修練会】

提供までしばらく掛かりそうです。

急ぐ方は、フェルデンクライスメソッド、アレクサンダーテクニーク(動きを扱う分野)の 信頼できる教師をお伝えいたします。


※ご自分で探す場合、とくにフェルデンクライスは本質を誤った教師も多いので注意。

アレクサンダー・テクニーク教師では石井ゆりこさんがおすすめです。
(検索で石井さんのlittle soundsが出てくると思います)

【からだのしくみ講座】(解剖生理学講座)

現在、Youtubeで動画配信を始めました。
よかったらそちらをご覧ください。


個別の授業も出来る範囲での対応をしますので、連絡ください。
料金、時間、人数は応相談。