目次

ごあいさつ



こんにちは、長谷川です。

その人がその人らしく生きること。
これは年齢も性別も関係がありません。

あなたが自然で気持ちよく暮らせる、
そんな関わり方ができるとうれしく思います。

とても忘れっぽいです。
すぐ忘れちゃうね、と言われます。
ごめんなさい。

運動も趣味のひとつですが、運動のための運動は苦手です。

好きなこと:本質的なところを考える、
      それを考えたり掴んだ人の話を聴く。
      本も好きです。(最近は実用書が多いですが)
好きな作家:吉行淳之介、色川武大、デビットリンチ監督
好きな作品:「若き日の芸術家の肖像」(ジェームス・ジョイス)
      「脂肪の塊」(モーパッサン)
      「怪しい来客簿」「生家へ」(色川武大)
      連作「ターク通りの家」「銀色の目の女」(ダシール・ハメット)

自己紹介にかえて 

エッセイ風に書いてみました。


 この業界で生きていこうと選んだ頃、
正直に言って、国家資格を取るか迷いました。

 法的には仕事は免許制で国家資格が必要なのですが、
現実は無免許や民間資格のことも多いのです。
民間資格は国家資格ではないので、法律上、無免許と同じです。 しかも食えるかどうかは別問題。
無免許で繁盛する所もあれば、逆もある。
国家資格は生活保障になりません。

 迷った末に、取る事に決めました。
単に精神衛生上の問題です。
免許が必要と知りつつも、無免許でやっていくのは
性格的に耐えられないだろうと思ったのです。

学校に通ってから、免許は想像よりずっと重要だと気づきました。


 それにまつわるエピソードをひとつ紹介しましょう。
私は夜間部だったのですが、夜間部の解剖学担当講師は、
やたらと難しいと学生の評判が悪くて有名でした。
その講師は筋肉以外のすべてを担当していました。

多くの学生は、施術には骨と筋肉が必要であって、
内臓は必要ない、という考えでした。
はっきり公言する人もいました。

 あるときその講師が、授業で始めにポツリと言いました。
「皆さんは人の体を扱うわけで、しっかり勉強していないと害になります」

 その講師は現場で働く卒業生の評判はとても良かったのです。
‭ 学生のとき彼の講義を一生懸命勉強しておけばよかった、
と言う方も多かったですね。


 もうひとつ、別の例をあげましょう。
筋肉が動くには酸素や栄養が必要です。
これらを身体へ取り込むのは肺や胃腸ですね。
酸素や栄養を筋肉に運ぶのは血液の循環です。
筋肉を動かす指令を伝えるのは神経なのです。

 酸素や栄養が不足すると、すぐに疲れてきます。
仮に体内に豊富でも、血が届かなければ使えずに問題がでます。
それらに問題なくとも、神経に問題があれば思うように動きません。

骨や筋肉だけの限られた理解では、限定的な解釈になります。

 人間は全身を使って生きています。
部分は相互に影響しあい、総和として生きています。
より適切にみるためには、より広い視野が必要です。


 内臓の勉強もマニアックにやりました。
睡眠とトイレと入浴以外に休む時間がありませんでした。
(講義が濃密で次までに復習が間に合わない)
おかげで内部の関係性がすこし判るようになっていきました。

あの頃は本当に辛い時期で、もう二度とやりたくないです。

~~~~~~~~~~

 卒業後、いろいろな方と接しながら、
人間が元気に生きるには、体とともに心の健康も重要と感じました。
いわゆる、メンタルヘルスですね。

こころの状況がかなり体の健康に影響します。
少し考えれば当たり前ですが、完全に落とし込むには時間が必要でした。

 そうして世間を見ていますと、まもなく、
心の状況は生きている環境や状況、その人の信念や人生観と
密接に関係することがわかりました。

 全体の視点が身体の外へも広がりました。
体という物質面と、心という精神面の関係性、
それらと、取り巻く環境・状況との関係性です。

人が元気に生きるには、
どんな文脈の中でどのように生きているかを考える必要がある、ということです。
これも言われてみれば当たり前です。


2018年に‬大学に入りました。
それまで心の勉強は独学でしたが、一般論やスタンダードを知るためです。
自分だけの視野だと、結局全体での自分の立ち位置がわからないのですね。

今の大学を卒業後、いまのところは臨床心理士などをぼんやり思いますが、
学費が大変だなあと思いつつ、できることからやろうかなと思っています。

自然な自分で元気に生きていく、という方向で、
人を支援したり関われるといいなぁと思ってます。




現在の取り組み内容、テーマ


●筋力に頼らない動き
 いかにできることを増やすか、同じ事をどう楽にやるか。
 年齢に依存しない側面があります。
 省エネに終わりはありません。

 応用例:
  スポーツ分野、けが・障害の予防と治療、
  介護、リハビリ、高齢者の動き など 

●構造に適した動きの探求、提供
 一部、上記と重なりますが、  負担の少ない動きをみつける、体の形を感覚で的確に知る、などです。
 多くの方は実際の身体の位置と認識の位置がずれています。
 それによって意図と違う動きや修正のエラーが起こっています。

 応用例:
  限界突破、スランプ回避、間接化・客観視の能力

●コミュニケーションの齟齬とメタ領域
 勘違いする・される理由、正しく伝わる前提条件、などです。
 今のところ「階層をあわせること」が判っています。
 
●個人内部での決断、無意識領域の変容
 無意識の上手な扱い方、のようなものです。

●体質・気質と認識・活動表現との関係、解釈の傾向


・あと、これは8割冗談ですが、
 次世代VRゲームに備えて武術的な身体能力を上げたいと思います。
 そういう部分がどう再現されるか興味があります。
 質的であり定性的であるので、再現が難しいところです。
 たぶん対戦だとチートと思われるかも。

これまでのあゆみ


●身体、施術 関連

・免許「あん摩マッサージ指圧師」(国家資格)登録番号第135566号

浪越学園 日本指圧専門学校 卒業
   主に解剖生理学の勉強。
   概論的に病気の話や東洋医学も入ってきます。
   オイルマッサージ部所属。

・University of Hawaii at Manoa
 Anatomy Workshop マノア大学解剖学実習(2010、2011)


●コミュニケーション、臨床心理 関連

SAJ主催 センサリー・アウェアネス(2015ごろ)
  「センサリー・アウェアネス」は、
  「いま、ここ」をあるがまま感じることです。
  覚めた意識、そのものをそのものとして扱うことに役立ちます。


・臨床動作法 青山動作法ラボ H28年度初級クラス
  「臨床動作法」は、課題の動きを実現させる練習です。
   体験内容より体験様式を重視します。
   (何をしたかよりも、どんな風にそれをしたかを重視)


・産業能率大学 心理カウンセリング(2018.10~)
  カウンセリングの基本的な考え方、
  各派の概論、とくに論理療法、交流分析。
  産業カウンセリング、キャリアカウンセリング、
  実習も行いました。

  カウンセリングは誤解も多く(病気の人が受けるものとか)、残念です。
  カウンセリングは「成長の支援」という考え方が基本です。
  人生相談や困りごとを話すことは、カウンセリングです。

  相手の話を聴くとはどういうことか。
  聴くことを学んだ相手に話すことは、人生に役立つ時間となるでしょう。


めんたね 主催  ミルトン・エリクソン研究会(2016~2018頃)
 無意識コミュニケーション 基礎コース(2017年度)
  「ミルトン・エリクソン」とは精神科医で催眠療法家です。
   無意識の扱いが非常にうまく、相手のよりよい人生に役立てました。
   催眠療法は誤った理解も多く、注意が必要です。


●動きのこと 関連
 「最低限の力で行う」を軸に学習しています。

株式会社 ケアプログレスジャパン 主催
  MH社「キネステティクス(R)創始者ベーシックコース」(2014.6)
  MH社「キネステティクス(R)アドバンスコース」(2017.9)  
日本キネステティク普及協会「サポーターレベル」

  「キネステティクス」は動きの分析ツールです。
   無理のない自然な動きの条件を整えます。

   ヨーロッパでは介護・介助によく応用され、
   介助者・被介助者の双方が楽で自然な動きを実現します。
   自然な動きで無理がありません。

   その関係か、看護師等の医療従事者、介護関連の方が多い印象です。


石井ゆりこ アレクサンダーテクニーク 
  「アレクサンダー・テクニーク」は、
  自分がしている不要な動きに気づいて、
  それをやめることで楽に動く技術です。

  創始者は演劇関係の人で、
  自分の声が出なくなったことがきっかけでした。
  そのことから、習う方は表現者や演劇関係が多い印象です。


・フェルデンクライスメソッド
 「フェルデンクライスメソッド」は、色々な動きを試しつつ、
  楽な動きを発見していく方法論です。
  神経系を再教育するという考えに基づいています。

  創始者は物理学者で、自分の膝を壊したことがきっかけでした。
  ヨーロッパで最初に柔道の黒帯を取った人です。

  習う方はパフォーマーやダンス関係が多い印象です。
  ただ、創始者と違う考えが広まっている印象もあり、
  きちんと学ぶには注意が要ります。


●雑誌、記事など
・日本指圧学会誌 第二号掲載
 「花粉症(季節性アレルギー鼻炎)に対する指圧療法」
 「花粉症施術の周辺事項」




  足から伝わる地面の感触、
  まぶたを通して感じる陽の光、
  肌を撫でる柔らかな風。
  吸った空気で肺が膨らみ、
  からだのなかを広がる感じ。


  いま、ここに、私はいる。



  小さな頃に
  いつも感じた
  なんとなく
  楽しい気持ち

  あんなふうに

  生きていこう。